Entries

スポンサーサイト

93年(H5)七帝柔道 決勝戦 名大×九大

1993年(平成5年) 7月4日日曜日第42回国立七大学柔道優勝大会於:京都大学柔道場(赤)           (白)名古屋大学  0-2 〇九州大学小嶋     引き分け  長野大庭     引き分け  石川堺      引き分け  今井松井     引き分け  新谷中村     引き分け  高田鈴木(健)   引き分け  永畑藤井     横四方〇 猿渡平岩     引き分け  ” 猿渡     引き分...

93年(H5)七帝柔道 決勝 名大×九大 1試合目 小嶋-長野

93年(H5)七帝柔道決勝 (赤)名大×九大(白) 1試合目名大 小嶋(4年)-九大 長野(2年)九大の部誌より九大立技の切れる長野登場。組み手は両者とも左である。長野組み勝って小嶋の頭を下げ足技で攻めまくるが小嶋もしぶとく背負いで応戦。結局両者とも決めてなく引き分け...

93年(H5)七帝柔道 決勝 名大×九大 2試合目 大庭-石川

93年(H5)七帝柔道決勝 (赤)名大×九大(白) 2試合目名大 大庭(1年)-九大 石川(2年)九大の部誌より九大二回生石川、名大大庭の対戦。大庭、石川を引き込むが亀になる。石川後につき、終始絞めを狙うが決まらず、時間。引き分け。...

93年(H5)七帝柔道 決勝 名大×九大 3試合目 堺-今井

93年(H5)七帝柔道決勝 (赤)名大×九大(白) 3試合目名大 堺(3年)-九大 今井(2年)九大の部誌より九大巨漢二回生今井。対するは同じく巨漢、次期主将堺。けんか四つで慎重になったのか、あまり技が出ない。立技では勝負がつかないとみて堺引き込むが今井手を切って立つ。この展開が終盤まで続き引き分け。...

93年(H5)七帝柔道 決勝 名大×九大 4試合目 松井-新谷

93年(H5)七帝柔道決勝 (赤)名大×九大(白) 4試合目名大 松井(3年)-九大 新谷(2年)九大の部誌より九大三回生寝技の新谷登場。新谷引き込み、返しを狙うが、松井足を割って攻める。しばらく正対の攻防が続き、新谷前三角にいくが持ち上げられる。中盤、新谷返して亀にし、回転縦四方を狙うが、脇が固くきまらず時間。...

93年(H5)七帝柔道 決勝 名大×九大 5試合目 中村-高田

93年(H5)七帝柔道決勝 (赤)名大×九大(白) 5試合目名大 中村(5年)-九大 高田(2年)九大の部誌より対阪大戦で一人抜いた高田の登場。高田は立技が切れるので、相手の中村は執拗に寝技に引き込む。しかし高田徹底的に寝技を嫌い、切っては立ち、背負いや内股で応戦。終始この展開で時間。取り役中村を見事にくい止めた。...

93年(H5)七帝柔道 決勝 名大×九大 6試合目 鈴木(健)-永畑

6試合目赤・名大 鈴木(健)(3年)-白・九大 永畑(2年)九大の部誌より鈴木引き込むが、永畑手を突っ張り攻めさせない。しかし中盤返され苦しい体勢になるが、なんとか亀になる。残りの時間亀で守り引き分け。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 7試合目 藤井-猿渡

7試合目赤・名大 藤井(2年)-白・九大 猿渡(3年)九大の部誌より九大抜き役、次期主将猿渡。引き込む藤井の足をさばいて亀にする。そのまま後につき返して腕を取り、横四方固めに抑え込んで一本勝ち...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 8試合目 平岩-猿渡

8試合目赤・名大 平岩(3年)-白・九大 猿渡(3年)九大の部誌より平岩引き込み返しにいく。猿渡二人目で疲れているのか頭が下がって苦戦するが、なんとか立つ。終盤までこの繰り返しで時間、引き分け。これで九大のリードは1人となり、猿渡は全試合で一人以上抜いたことになる。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 9試合目 猿渡-俵

9試合目赤・名大 猿渡(5年)-白・九大 俵(2年)九大の部誌より九大二回生俵に対するは、名大五回生猿渡。俵引き込まれ、足をさばこうとするが返され亀にされる。亀を攻められるが、腕を引き落としてまた上になる。その後、正対の攻防が続き、終盤亀にされるが守って引き分け。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 10試合目 甲田-古川

赤・名大 甲田(4年)-白・九大 古川(2年)九大の部誌より九大取り役古川に対するは、同じく取り役寝技師甲田。立技なら古川、寝技なら甲田である。引き込む甲田を古川持ち上げる。古川慎重になりすぎて立技が出ず、終始この繰り返しで時間。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 11試合目 岩越-末崎

赤・名大 岩越(2年)-白・九大 末崎(4年)九大の部誌より岩越引き込む。末崎さばいて亀にする。後についてじっくり絞めにいくが決まらずに方針を変更。横三角にいくが、回られて亀にされる。逆に絞めで攻められるが、しのいで時間。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 12試合目 配島-大賀

赤・名大 配島(5年)-白・九大 大賀(5年)九大の部誌より九大寝技師五回生大賀、対するは同じく五回生配島。大賀引き込み、正対し返そうとするが、配島もさすがにこらえる。中盤、大賀腰つきから肩を取られるが、耐えて引き分け。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 13試合目 野崎-井上

赤・名大 野崎(3年)-白・九大 井上(3年)九大の部誌より井上引き込み、返しを狙うが、野崎に片足をかつがれてひっつかれる。中盤亀にされるが、引き落として肩を取る。井上、腕を召し取り足を抜きに行くが、抜けず時間。...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 14試合目 鈴木(康)-井村

赤・名大 鈴木(康)(4年)-白・九大 井村(4年)九大の部誌より九大四回生井村に対するは、名大主将鈴木。対名大戦での一番の山場である。井村引き込まれるが、徹底的に腕を切り寝技に応じない。中盤、井村何回か返されそうになるが、必死に胸を張って立つ。井村立つ度、九大陣から拍手や歓声が乱れ飛ぶ。終盤ついに返されて亀になり、回転縦四方で抑え込まれそうになるが、必死に守り引き分け。次の永田でもう優勝だと九大陣大い...

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 15試合目 遠藤-永田

赤・名大 遠藤(4年)-白・九大 永田(4年)九大の部誌より今大会初登場、九大主将永田。遠藤が引き込んだところをさばいて速攻の横四方固。永田ガッチリと決め、遠藤ほとんど動けない。そのまま30秒。一本勝ち。永田は期待を裏切らず、一分に満たない時間で優勝を決めた。九大は永田、福士の2人を残して名大に完勝し、一年ぶりの優勝を決めた。次の七大戦でもこの勢いを消すことなく二連覇を達成して欲しい。===福井部長の...

Appendix

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。