Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://newateka.blog95.fc2.com/tb.php/204-b863deb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

試合アドバイス 堤さん

jiujitsu world league
San Diego Super Championship
2016年2月27日@San Diego City College
アダルト、ミドル、紫帯
堤璃水(入場左)vsフィリップパラレイ


0:24
左足を相手の右スネで踏まれちゃいましたね。デラヒーバを作ろうと思ったんでしょうけど、右足が効いていなくて左足のデラヒーバを作れない、と判断したら急いで左手は相手の右膝を止め、左足を大きく回して、左足裏を相手の右肩に当てて蹴り放つと間合いを作れますよ。

1:29
折角右足の爪先をフックできたんだから、それで相手を遠くに押して左足を抜けば良かったと思うんですけど。背中が床に向いているからそれができないんでしょうね。僕だったら右手で相手の右肩を押して(この場合、見えないけど多分右手で相手の右襟を取ってるんでしょうね。僕だったら、右爪先が入って間合いを作るときはその右手を離して相手の右肩を押します)、左手は相手の右膝頭を押すことで間合いを作る補助にしますね。そうすると、左足が抜けるので、その左足裏を相手の右腰に当てれば、フックガードになって攻めることができますね。

1:52
ハーフガードというか・・・右足のニーシールドがちゃんとできていませんね。相手のプレッシャーが強く、作れなかったのでしょうか?背中も床につかされてしまっています。僕が気になるのは左足の使い方です。右足のニーシールドが作れないのはこのせいです。色んな使い方があるのですが、僕だったらこのケースでは、左爪先を相手の左足甲と床の間にねじ込みますね。左足一本で相手の左足に二重絡みをかけるような感じ。そうすると相手の前後の動きを止めることができるし、自分の左足が相手の股間に深く入ることもなく、浅くなることもなく、自分に最適な間合いをキープすることがしやすいです。

2:06
とても見づらいですが、相手の右手がこちらの首後ろをすくってきてますね。これは左手で相手の右手を止めた方が良いのですが・・・・。左手は相手の右膝を止めてるのかな?こうなると、ちょっと苦しくなりますね。相手が飛んできたら後転スイープを合わせることもできないでもないですが。

2:21
あ、左手は相手の左足をつかんでたのか。だったら右手で相手の右襟をつかむことってあんまり意味ないと思うんですけどね。右前腕を相手の右脇に突っ込んでフレームにして、胸と胸をつけられることを防ぐとともに、その右手で相手を押す反作用で時計回りの回転を生み出すと良いですよ。そしたらもぐることにも使えるし。

2:32
ちょっと危なかったけどよく戻しましたね。得意な動きなのかな?しかし、ここから2:50までの20秒、全く相手のバランスを崩そうとしていないですね。セコンドも「相手のバランス崩せ!」って言ってるじゃないですか。あおりましょうよ。あそこまでの体勢を作ってるのに、しがみついているだけじゃもったいないよ。完全にバテてたら別だけど。自分の頭を北だとしたら、僕だったら、例えばだけど、北東→南西→北東→南東→北西の順に崩すかな。相手が一番崩れるのは北西だから、それは最後までとっておいて、少しずつ振幅を大きくしていく感じ。

2:57
ここもぐれますね。Xガード作れます。草刈りしてる場合じゃないですよ。相手はこちらの襟つかんでますから後ろには倒れませんし、襟をつかんでくれてるからこそ、もぐったら袖を取りやすいので、倒しやすいです。2:55で相手が左足を跳ね上げたところにちゃんとフックをかけてますから、ここで左手で相手の右足を内側からすくっていけばXガード入れるはずなんですけど。。。。ここまででは最大のチャンスだったと思います。

3:40
相手が左襟を掴んでいたので、切りましたね。それはいいんですが、切った後、そのまま相手は右手でこちらの左袖をつかんでしまいました!これではもったいなさすぎます!!両手で相手の右袖を取って切ったら、右手で相手の右袖を取ったまま、大急ぎで相手の右手を自分から遠ざけて、左腕はつかまれないように、たとえば頭上にバンザイしましょうよ。そしたら、その左手で床押して起きれるじゃないですか。このケースでは相手の右手を切る時に左手の力を主に使ってるのが悪いのです。だから、そのままつかまれてしまいます。右手の力を主に使って切るようにしましょう。

最後の50/50からのスイープ惜しかったけど、相手も分かって、手を床について防いでいるから後ろに倒すのって難しいよね。セオリーでは、相手が後ろに倒れるのを防いでる場合って、相手の後から右爪先を相手の右鼠径部に差し込んでバックを狙うんだけどね。知ってたけど失敗するリスクが高いからやらなかったのかもだけど、狙うふりをするだけでも、相手はそれを防ごうとすると、後ろに倒れやすくなるので、フェイントだけにでも使えばよかったかも、と思う。


YOUTUBEのコメント欄に、本人のレビューもありますので、そちらも一緒にご覧になると良いかもです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://newateka.blog95.fc2.com/tb.php/204-b863deb5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。