Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://newateka.blog95.fc2.com/tb.php/54-15911ee0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

93年(H5)七帝柔道 名大×九大 15試合目 遠藤-永田

赤・名大 遠藤(4年)-白・九大 永田(4年)


九大の部誌より
今大会初登場、九大主将永田。遠藤が引き込んだところをさばいて速攻の横四方固。
永田ガッチリと決め、遠藤ほとんど動けない。そのまま30秒。一本勝ち。
永田は期待を裏切らず、一分に満たない時間で優勝を決めた。

九大は永田、福士の2人を残して名大に完勝し、一年ぶりの優勝を決めた。
次の七大戦でもこの勢いを消すことなく二連覇を達成して欲しい。


===
福井部長の
「1年を顧みて」より

昨年度の第43回国立七大学柔道大会は、2年前に続いて再び優勝の栄光を勝ち取ることができた。
これは、絶対的なエースであった甲斐泰輔君亡き後、部員一同が心を一つにして練習した結果である。
頼るべき甲斐君がいなくなった後、九大の優勝は危ぶまれる声があった。
しかし、主将永田君を中心にして、部員全員がよう頑張ってくれた。

15人の抜き勝負で勝つためには、できるだけ穴を少なくして失点を食い止めなければならないが、
例年の九大チームより失点が少なかった。
その点からも、昨年度の九大チームは例年より優れていたと評価できる。
昨年度の優勝は部員全員の努力の賜物であり、それだけ部員各自の感激もひとしおであったと思う。

参加したチームの全員がそれなりに勝つための努力をしてきたわけであるが、
優勝できたものは幸いであり、この感激は生涯忘れることはない。
また、優勝できたものもできなかったものも、ひたむきに青春時代に打ち込んだ体験は
忘れがたい思い出として残り、大学卒業後の社会生活において、いかなる苦難に際しても
それに打ち克っていく精神的な支えとなる。
これは柔道に限ったことではないが、部員諸君は極めて有意義な学生生活を送ったといえる。

七大学柔道大会に馳せ参じる先輩諸氏も、選手諸君の戦いぶりのなかにみずからの選手時代を重ね合わせ、
感激をともにし、リフレッシュされた気持ちでおのおのの生活に戻っていく。
先輩諸氏にとっても、七大学柔道試合はおおいに意義のある行事である。
本年度も、見応えのある立派な試合を期待している。

来年は第二次大戦後50年となるが、戦前の高専柔道大会の流れを受け、
戦後復活した七大学柔道大会は、本年で第42回大会を迎える。
九大道友会会誌で数えてみると、その間に九大柔道部に在籍したOBは300名に近い数となっている。
七大学のOBの数となると、単純計算でこの七倍となる。
これらの方々は、社会のいろいろな分野で活躍しておられる。
このことも、現部員が迷わず学生柔道に打ち込める理由づけになるであろう。
日本国を支える人材を育成している国立七大学の柔道大会が、健全に存続することを
心から願うものである。

(後略)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://newateka.blog95.fc2.com/tb.php/54-15911ee0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。